Skip to content

お葬式についてのこと

日本では基本的に仏式の葬式に参列することになります。
もちろん、神道式であることもありますし、キリスト教徒ならば、教会式になります。
しかし、共通していることがあります。
それは必ず火葬する必要がある、というものであり、日本は火葬以外は認めておらず、土葬はできないのです。
日本にいるキリスト教徒であろうと、宗教的な理由があろうと必ず火葬することになります。
日本でも少し前までは土葬が主流だったのですが、衛生的な問題と火葬場がキチンと地方自治体にまで行き渡ったこともあり、法律で土葬を禁止したのです。
ですから、お葬式の一連の流れとして、葬式の後に火葬場に行くのが一般的になっています。
ちなみに火葬代は自治体が補助を出していますので、大した金額にはなりませんので、火葬をする環境は整っていると言えます。
人体を焼くのは意外と技術が必要で、短時間でしっかりと骨になるまで焼くのにはかなり高度な設備が必要になります。